野田城 noda-castle 大阪府大阪市福島区玉川 4-11

地下鉄千日前線「玉川」駅そばの協和銀行前にある城址の碑/「城之内」(上)
「野田御坊極楽寺」門前の城址の碑(下)


別名 --- 築城年代 享禄4年(1531)
縄張・種別 ---/平城 築城者 浦上掃部
遺構 ---
復原 ---
国指定 ---
攻城年月日 2004/12/1


【歴   史】
享禄4年(1531)三好元長に味方する浦上掃部が、細川晴元の侵攻を防ぐために野田・福島に砦を築いたのがはじまり。
元亀元年(1570)三好三人衆(三好長逸・三好政康・岩成友通_三好長慶の家臣)は織田信長が浅井・朝倉連合軍と対峙している間に砦を修築し「城」とするとすぐさまろう城し、同じく信長打倒をめざす蓮如率いる石山本願寺が呼応、この後10年にわたる「石山合戦」がはじまった。
天正4年(1576)4月、信長は明智光秀・荒木村重に本願寺攻めを命じ、その猛攻に本願寺門徒は苦境に追い込まれ、野田城は落城。
本願寺攻めの重要拠点となると、とくに毛利の水軍に対して警戒した。(水軍城 能島城 参照)
慶長19年(1614)大坂冬の陣では、東西の水軍が戦った「野田・福島合戦」が行われた。

【攻城記】
お寺の石碑に野田城後だと記されていましたが、少し離れた 野田駅前のにも石碑があり、ここが野田城の中心部だったと かかれていました。
まぁ100m位しか離れてませんでしたけどね。

photo:にゃごりんさん


Back
Home