homereports on history 雑学・事件の検証etc...レポート
Rikugien Gardrns/六義園/和歌の趣味を基調とする大名庭園

住所:東京都文京区本駒込6-16-3

左下の写真は園内で一番高い築山、標高35Mの「藤代峠」よりの展望。峠の頂上は「富士見山」と呼ばれる。


5代将軍・徳川綱吉の信任が厚かった川越城主・柳沢吉保が元禄15年(1702)に築園した和歌の趣味を基調とする「回遊式築山泉水」の大名庭園。
江戸時代の大名庭園の中でも代表的なもので、明治時代に入って、三菱の創業者である岩崎彌太郎の別邸となった。その後、昭和13年(1938)岩崎家より東京市(現:東京都)に寄付され、昭和28年('53)国の特別名勝に指定された。
園名の「六義」は、中国の分類法(詩の六義)にならった古今集の序にある和歌の分類の六体(そえ歌・かぞえ歌・なぞらえ歌・たとえ歌・ただごと歌・いわい歌)に由来したもの。

2005/10/27
Back
Home