homeKamakura City 古都・鎌倉と周辺探訪
Kamakura Station⇒kewaizakaTkewaizakaU
鎌倉駅⇒化粧坂切り通しT化粧坂切り通しU
海蔵寺  銭洗弁財天  佐助稲荷神社

海蔵寺[kaizo-ji]
扇谷山海蔵寺と号す。海蔵寺は古都鎌倉の扇ヶ谷の北に位置する臨済宗建長寺派の古刹である。
もと真言宗の寺跡であったが、建長5年(1253)宗尊親王の命により従五位前能州太守藤原仲能が本願主となり、七堂伽藍が建立された。しかし、元弘3年(1333)鎌倉幕府滅亡のおりに鳥有に帰した後、応永元年(1394)4月、鎌倉御所足利氏満の命により上杉氏定が再建したのが「海蔵禅寺」だ。氏定は源翁禅師(心昭空外)を開山に招いて菩提寺とした。天正5年(1577)建長寺に属す。
鎌倉市扇ヶ谷4-18-8【2006/5/14】

銭洗弁財天[zeniarai-benzaiten]
銭洗弁財天は正式名称を「宇賀福神社」という。文治元年、源頼朝の夢に宇賀福神が現れて「これより西方の谷に湧く霊水を神仏に供えれば、天下泰平の世がくる」とお告げがあったので、さっそくこの地にお祀りした。
霊水が湧き出る洞窟でお金を洗うと何倍にも増えるという。わたくしは今年になって2度一万円札を洗った。そろそろご利益があるかな。(^_^;)
鎌倉市佐助2-25-16【2005/6/12】

佐助稲荷神社 [sasukeinari-jinjya]
源頼朝が再建した古社。
頼朝が伊豆蛭ヶ小島の配所にて、平家討伐を日夜念じていたおり、稲荷の大神が気高き老翁の姿で夢に現れて、挙兵をうながし、その時期を啓示した。頼朝が天下統一の礎を固めた後、稲荷神霊の加護に感謝し、畠山」重忠に命じ、佐介山隠里の霊地を選び社殿を造建させた。出世稲荷としてあつく信仰されている。
鎌倉市佐助2-22-10【2005/6/12】

Back
Home