伴野氏館 tomono-yakata 長野県佐久市野沢居屋敷

館址の碑/石垣/本丸跡※復元工事中(左列) 土塁/通路の石垣/伴野氏を祀る「伴野神社」(右列)


別名 伴野城 築城年代 鎌倉時代
縄張・種別 ---/平城 築城者 伴野氏
遺構 石垣・堀・土塁
復原 ---
国指定 ---
攻城年月日 2004/3/14


【構   え】
後の野沢城(伴野館が拡張され野沢城と称される)の本丸にあたるところといわれ、東西74m〜85m・南北20mの長方形。
周囲に用水路(堀?)をめぐらせ、その内側にそって西・北・東側が土塁で囲まれ、南の中央には入口、西南の高台には物見櫓があったと推察される。

【歴   史】
室町から戦国時代にかけて伴野氏がこの館を本丸として、二の丸・三の丸・出丸とうを設け、徐々に拡大していった。
鎌倉時代、「霜月騒動」といわれる鎌倉幕府の内乱に巻き込まれ、伴野本家は滅びたが支族によって再興される。
室町時代、防衛のため詰の城として、蓼科山の東北山麓突端に前山城を築き本拠地を移す。
天正11年(1583)北佐久・小県に勢力をもつ芦田(依田)信蕃(のぶしげ)に前山城ともども攻略されたが、かろうじて旧館址(本丸)は残った。
江戸時代は官庫・陣屋・岩村田藩(佐久市岩村田)出張所とう官公地として利用された。

photo:あられ


Back
Home